blog index

法話図書館 【佐藤俊明のちょっといい話】ブログ

平成8年から法話図書館で連載された佐藤俊明(さとう・しゅんみょう)先生のちょっといい話 ブログ版です。携帯電話からも見られます。
<< 第92話 人間の好時節 | main | 第94話 六道 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
第93話 涅槃会に思う
  まさに度すべきところの者はすでに度し終わって、大勢の弟子、仏教守護の神々、そして多くの獣物にまで取り囲まれ、嘆き悲しまれて涅槃に入りたもうお釈迦様ほど偉大な別離の光景を演出した方は歴史上かつてなかったし、今後もないことでありましょう。
 この間、80歳の老母を亡くしたお医者さんが、

「それはもうひどいものですっかりもうろくしてご飯をなんぼでも食べるんです。私、医者ですから、つい『そんなに食べるんじゃないよ』といって箸を取り上げたことが何度もあるんですが、それがくやまれましてねぇ・・・」

と述懐しておりました。
 そこで私が

「ワシントン・アービング『スケッチブック』に"人は死別に際してどうしてそんなに悲しむのか。それは永遠の別れということもさることながら、生前のあれ もしてやればよかった、これもしてやってやるべきだったという悔恨の情が人を悲しませるのだ"というくだりがありましたが・・・」

というと、

「そうです。そのとおりですね・・・」

といって涙をふいておりました。


 年々歳々、涅槃会に相逢うて、歳々年々に「遺教経」を読んでは
    「汝等比丘、我が滅後においてまさに波羅提木叉を尊重し、珍敬すべし・・・これは是れ汝等が大師なり・・・」
というお示しに違背している自分の姿を見出し慚愧にたえません。
 亡き母に対するいたらなかった自分への呵嘖が生涯続くであろうそのごとく、お釈迦さまのみ教えのままに生きられなかった歎きは生涯続くことでありましょう。
| houwa-sato | ちょっといい話 | 17:37 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 17:37 | - | - |
コメント
コメントする


      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
御寺院用常花 華(はな)は、シルクフラワーの常花販売専門店です

bolg index このページの先頭へ